不用品回収でゲームやCDを売る

- 不用品回収でゲームやCDを売る


不用品回収でゲームやCDを売る

ゲームやCDや本というのは、不用品回収の業者に頼むよりも中古ショップに売りに出すイメージの方が強いです。
確かに専門の中古ショップに売った方がメリットは大きいでしょうが、場合によっては不用品の業者に頼んだ方が多くのメリットを得られるケースがあります。

まとめて売るのが面倒な場合

ゲームやコミックなどは少量ならわざわざ不用品回収を頼む必要性は無いし、家電などもなるべくリサイクルや売りに出した方が良いでしょう。
ただし、例えばコミックや小説が500冊、CDだけで100枚あったとします。
これを処分するとなるとダンボール箱を何箱も用意しなきゃいけないし、用意出来てもそれをお店に持っていくのは大変です。
今は宅配買い取りのサービスもありますが、申し込みなど色々と面倒な手間をかけないといけません。

つまり量が多すぎると例えコミックやゲームでも売りに出すのは大変なので、そういう場合は不用品回収に頼んだ方が効率的と言える訳です。
今は買い取りにも対応している業者もあるので、あまりにも数が多いならコミックやCDなどの類も業者に頼むのがベストでしょう。

業者でも高く買い取ってくれる?

不用品ではなく売れる価値のある本、ゲーム、CDは中古ショップに売るのが基本。
でも量が多すぎるなら手間のない業者に頼むべきというお話をしましたが、業者の買い取り価格はかなり差が出ます。
買い取りに強い業者なら相場通りで買い取り出来ますが、ゲームなどの買い取りに疎い業者だと買い取りの料金は期待できないかもしれません。
だから業者にゲームなどを売るなら、相当慎重に業者を選び、納得のいく見積もりを出した業者に絞りましょう。

量が多すぎるなら業者に頼む

ゲームやCDやコミック、沢山あるから売ってお金にしたいけど、売る準備をするのが大変……。
そういう人に限っては業者に頼むのが効率的だし、引っ越しの時や清掃の時にも業者は活躍します。
もちろん、本当に高く売れそうな物だけお店で売る、という様に持ち込み先を工夫すれば手に入るお金も増やせるでしょう。

  ≪ 前の記事: を読む