必要な物と不用な物の見極め方

- 必要な物と不用な物の見極め方


必要な物と不用な物の見極め方

不用な物が沢山あるから不用品回収を頼みたい、でもいざとなると捨てるのが勿体ない……と躊躇する事だってあるでしょう。
また、不用品が溜まっている自覚はあるけど、それが本当に不用品なのかいまいち見極められない、みたいに迷ってしまう人もいます。
貴方は不用品と必要な物の見極め、ちゃんと出来ていますか?

大型の物はなるべく不用品回収へ

不用か必要か判断出来なかったとしても、小型の物ならいつでも処分する事は出来ますし、場所も取りません。
しかしベッドや冷蔵庫など大型の物は場所を取るし、一度捨てるのを躊躇ったら面倒になってそのまま放置してしまいます。
だからこそ、大型の物ほどバッサリ不用品である、と判断して業者に回収してもらった方が得策です。
不用品回収というのは捨てる時を伸ばせば伸ばすほど、本当に捨てるのが面倒になってしまいますし、早めの処分が必須です。

使っていない物は不用品

子供が大きくなって使わなくなった子供用のベッド、古くて壊れた家電などは本当に場所を取ってしまいます。
そしてこういう物を溜め込みすぎると果てはゴミ屋敷へと化してしまい、そうなるといざ処分する時に業者や自治体に支払う料金が格段に増えます。
確かに業者は不用品を一斉に捨てる際、コストパフォーマンス良く処分出来るサービスです。
でも不用品が溜まり過ぎると、トラックを2台呼ぶ必要性が出てきたりとコストが増えるのも当然の話。
思い出の品ならともかく、全く使っていない、あるいは壊れて使えなくなった物も不用品と判断して思い切り良く捨てるべきです。

家が不用品にならない内に処分しよう

不用品と必要品の見極め、それは大型の物と使っていない物を不用品とする事です。
当たり前といえば当たり前ですが、これを分かっていても様々な事情で捨てるのをためらってしまう人は少なくありません。
でも不用品は早いうちに捨てるなりリサイクルに出さないと、捨てる時の手間が増えます。
それに引っ越しする事になったら大変な作業にもなるし、最低限大きい物と使わない物は思い切り良く捨てる心がけを持ちましょう。

  ≪ 前の記事: を読む